スクリーンに甦る原節子…映画館、テレビで追悼企画続々

公開日:  更新日:

 11月25日に訃報が伝えられた原節子さんのその後の報道が止まらない。さすがに「伝説の大女優」である。暮らしぶりが少しずつテレビや週刊誌などで明らかになってはきたが、それでもこれほど神秘性を帯びた女優は過去あまり記憶がない。神秘性は余分な情報を排除してくれる。これは俳優にとってまったく素晴らしいことだ。

 なので、神秘性はそのままに、ここは彼女の作品を年末以降にじっくり味わってみるのもいいのではないか。

 追悼上映や追悼放映が今後目白押し。小津安二郎監督作品を多く製作してきた松竹は都内と埼玉県の2館で「東京物語」「秋日和」「晩春」の3本をデジタル修復版で上映する。東京・丸の内ピカデリーはきょう12月5日から開始だ。

 テレビではNHKのBSプレミアムが「秋日和」(12月9日)と「東京物語」(12月23日)。BSの日本映画専門チャンネルが12月19日に早朝から丸1日、「わが青春に悔なし」など8本を一挙に放映する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  5. 5

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  6. 6

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  7. 7

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  8. 8

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  9. 9

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  10. 10

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

もっと見る