スクリーンに甦る原節子…映画館、テレビで追悼企画続々

公開日:  更新日:

 11月25日に訃報が伝えられた原節子さんのその後の報道が止まらない。さすがに「伝説の大女優」である。暮らしぶりが少しずつテレビや週刊誌などで明らかになってはきたが、それでもこれほど神秘性を帯びた女優は過去あまり記憶がない。神秘性は余分な情報を排除してくれる。これは俳優にとってまったく素晴らしいことだ。

 なので、神秘性はそのままに、ここは彼女の作品を年末以降にじっくり味わってみるのもいいのではないか。

 追悼上映や追悼放映が今後目白押し。小津安二郎監督作品を多く製作してきた松竹は都内と埼玉県の2館で「東京物語」「秋日和」「晩春」の3本をデジタル修復版で上映する。東京・丸の内ピカデリーはきょう12月5日から開始だ。

 テレビではNHKのBSプレミアムが「秋日和」(12月9日)と「東京物語」(12月23日)。BSの日本映画専門チャンネルが12月19日に早朝から丸1日、「わが青春に悔なし」など8本を一挙に放映する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る