日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「さんまのまんま」終了で再燃 明石家さんまの“TV引退説”

 明石家さんま(61)が司会を務める長寿番組「さんまのまんま」(フジ系)が今年9月いっぱいで幕を閉じることを受けて、またぞろ、さんまの「TV引退説」が取りざたされている。

 さんまが最初に「引退」を口にしたのは2011年7月の「さんまのまんま」でのこと。ゲストだった千原ジュニアに「いつ辞めるんですか」と聞かれて「60歳ぐらいでと思ってるよ、テレビはね」と答えた。その後も「27時間テレビ」(13年、フジ系)、「日曜サンデー」(同、TBSラジオ)などで同様の発言を繰り返していた。

 60歳を目前にした14年10月、「TOKIOカケル」(フジ系)でいったんは「60歳定年」を撤回したことがあるが、今年3月の「ヤングタウン土曜日」(MBSラジオ)でももう一度「定年」を持ち出している。当初は単なるシャレかと思っていたが、発言を検証するとワリと本気でしゃべっている。こんな具合だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事