• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

毒舌路線に逡巡…春やすこの背中押したじゅん師匠の一言

「漫才界のピンク・レディー」と呼ばれ、毒舌漫才で大ブレークしたお笑いコンビ「春やすこ・けいこ」。82年に活動を休止後、春やすこさん(55)は女優、タレントとして活躍。最近は介護問題をテーマにした講師としても注目されている。そんな春さんの恩人はこの人、レツゴー三匹のじゅんさん(故人)だ!

 ◇  ◇  ◇

「それ、オモロイんちゃうか? 人生幸朗・生恵幸子師匠のボヤキ漫才と正司敏江・玲児師匠のドツキ漫才があるんやから有名人の悪口言う“毒舌漫才”があっても、おかしないで」

 こうおっしゃったのは「レツゴー三匹」のじゅん師匠(享年68)です。場所は確か道頓堀の旧角座の楽屋。春やすこ・けいこを結成して4年半、80年の初夏やったと思います。

 そのころはピンク・レディーの人気に便乗して「漫才界のピンク・レディー」のキャッチフレーズでモノマネしたり、乙女チックな漫才してたんですけど、人気はいまひとつ。先も見えへんから、「あと半年してアカンかったら解散して出直そうか……」いう状態やった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る