毒舌路線に逡巡…春やすこの背中押したじゅん師匠の一言

公開日:

「漫才界のピンク・レディー」と呼ばれ、毒舌漫才で大ブレークしたお笑いコンビ「春やすこ・けいこ」。82年に活動を休止後、春やすこさん(55)は女優、タレントとして活躍。最近は介護問題をテーマにした講師としても注目されている。そんな春さんの恩人はこの人、レツゴー三匹のじゅんさん(故人)だ!

 ◇  ◇  ◇

「それ、オモロイんちゃうか? 人生幸朗・生恵幸子師匠のボヤキ漫才と正司敏江・玲児師匠のドツキ漫才があるんやから有名人の悪口言う“毒舌漫才”があっても、おかしないで」

 こうおっしゃったのは「レツゴー三匹」のじゅん師匠(享年68)です。場所は確か道頓堀の旧角座の楽屋。春やすこ・けいこを結成して4年半、80年の初夏やったと思います。

 そのころはピンク・レディーの人気に便乗して「漫才界のピンク・レディー」のキャッチフレーズでモノマネしたり、乙女チックな漫才してたんですけど、人気はいまひとつ。先も見えへんから、「あと半年してアカンかったら解散して出直そうか……」いう状態やった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る