ASKAは容疑否認も…専門家は「4年半の実刑」と厳しい見方

公開日:

「薬は絶対やっていない」――。覚醒剤で2度目の逮捕となった歌手のASKA容疑者(58=本名・宮崎重明)は一貫して容疑を否認し続けているが、30日、警視庁東京湾岸署から東京地検に送検された。

 ASKAは25日夜に「盗撮されている」と自ら110番通報。不審に思った警察官の任意の尿検査にも「はいはい」と素直に応じている。警視庁が行ったのは簡易検査でなく、“精度100%”といわれる本鑑定で、微量だが覚醒剤が検出された。

 つまり絶対にやっていたわけで、捜査関係者も「通報直前まで覚醒剤を使用していた」とにらんでいるのだ。

 元兵庫県警刑事の飛松五男氏はこう指摘する。

「覚醒剤を多量に使うと、『自分はクスリをやっていない』と錯覚することがあります。ASKA容疑者は逮捕後、2年経っても盗聴や盗撮を気にする書き込みをしていますが、これも重症者の特徴で、被害妄想が激しくなる。本当に覚醒剤を絶っていれば、“禁断症状”は半年~1年くらいで収まっていく。つまりASKA容疑者は重度の使用者だった可能性が高いわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る