• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

AKB総選挙は人気低下 全国のアイドルグループでW杯を提案

 AKB48の元メンバーに対するつきまとい行為によるストーカー規制法違反で、42歳の男が逮捕された。あってはならないことだ。

 こんな極端な例は別にして、AKB48グループにはコアな熱狂的ファンが多い。だからこそ、AKB商法とまでいわれる稼ぎ方は“やめられない”わけだ。握手会に参加できる券を入れたCDは、買った分だけ何度も握手したり、じかに話せるわけで、数十枚のCDを買う人が出てくるのも当然だろう。

 もっとも、AKB48グループは一時の人気、盛り上がりが低下しているという気がしてならない。先週末のAKB世界選抜総選挙、いわゆる人気投票のテレビ中継の視聴率は11%(後半部)だった。以前は17~18%を獲得していたし、20%を超えたこともあるのに……である。

 そういえば、2年ほど前まで総選挙の時は、テレビをつけっぱなしにしていた気がする。それが今回、翌日に連絡を取ったテレビのディレクターは、「チャンネルを替えた時に、あっ、今日だったんだ」と気づいたと話していた。芸能マスコミの記者も「まったく知らなかった」という反応で、業界人でもこの程度になっちゃったんだという感がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  10. 10

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

もっと見る