城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

AKB総選挙は人気低下 全国のアイドルグループでW杯を提案

公開日:

 AKB48の元メンバーに対するつきまとい行為によるストーカー規制法違反で、42歳の男が逮捕された。あってはならないことだ。

 こんな極端な例は別にして、AKB48グループにはコアな熱狂的ファンが多い。だからこそ、AKB商法とまでいわれる稼ぎ方は“やめられない”わけだ。握手会に参加できる券を入れたCDは、買った分だけ何度も握手したり、じかに話せるわけで、数十枚のCDを買う人が出てくるのも当然だろう。

 もっとも、AKB48グループは一時の人気、盛り上がりが低下しているという気がしてならない。先週末のAKB世界選抜総選挙、いわゆる人気投票のテレビ中継の視聴率は11%(後半部)だった。以前は17~18%を獲得していたし、20%を超えたこともあるのに……である。

 そういえば、2年ほど前まで総選挙の時は、テレビをつけっぱなしにしていた気がする。それが今回、翌日に連絡を取ったテレビのディレクターは、「チャンネルを替えた時に、あっ、今日だったんだ」と気づいたと話していた。芸能マスコミの記者も「まったく知らなかった」という反応で、業界人でもこの程度になっちゃったんだという感がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る