• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

関根監督インタビュー「太陽の塔」が発信する大きな疑問符

 岡本太郎の「太陽の塔」が今また注目を集めている。1970年の大阪万博から48年ぶりに内部を公開中だが、これに続けと岡本太郎財団公認の初のドキュメンタリー映画「太陽の塔」が公開されるのだ。映画では関係者や有識者29人が登場し、太郎モニュメントの知られざる真実を解き明かしている。中高年世代の多くには高度成長期のシンボルのように記憶されているが、実はそこに込められたメッセージはそうした文明への強烈なアンチテーゼであった。監督は映像ディレクターの関根光才。公募から選出された、42歳である。

 ――なぜこの企画に興味を持ったのか。

「以前、実物を見たことがあり、そのときの印象がとにかく強烈だったんです。何だか訳が分からないけれど、すごいパワーがあって、だけどヘンテコで、ユーモアも感じられて。裏には黒い太陽が描かれていて、不気味で怖くもあった。いったいどうしてこんなものができたのだろうって疑問を持ちました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る