関根監督インタビュー「太陽の塔」が発信する大きな疑問符

公開日:

 岡本太郎の「太陽の塔」が今また注目を集めている。1970年の大阪万博から48年ぶりに内部を公開中だが、これに続けと岡本太郎財団公認の初のドキュメンタリー映画「太陽の塔」が公開されるのだ。映画では関係者や有識者29人が登場し、太郎モニュメントの知られざる真実を解き明かしている。中高年世代の多くには高度成長期のシンボルのように記憶されているが、実はそこに込められたメッセージはそうした文明への強烈なアンチテーゼであった。監督は映像ディレクターの関根光才。公募から選出された、42歳である。

 ――なぜこの企画に興味を持ったのか。

「以前、実物を見たことがあり、そのときの印象がとにかく強烈だったんです。何だか訳が分からないけれど、すごいパワーがあって、だけどヘンテコで、ユーモアも感じられて。裏には黒い太陽が描かれていて、不気味で怖くもあった。いったいどうしてこんなものができたのだろうって疑問を持ちました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る