関根監督インタビュー「太陽の塔」が発信する大きな疑問符

公開日:

 岡本太郎の「太陽の塔」が今また注目を集めている。1970年の大阪万博から48年ぶりに内部を公開中だが、これに続けと岡本太郎財団公認の初のドキュメンタリー映画「太陽の塔」が公開されるのだ。映画では関係者や有識者29人が登場し、太郎モニュメントの知られざる真実を解き明かしている。中高年世代の多くには高度成長期のシンボルのように記憶されているが、実はそこに込められたメッセージはそうした文明への強烈なアンチテーゼであった。監督は映像ディレクターの関根光才。公募から選出された、42歳である。

 ――なぜこの企画に興味を持ったのか。

「以前、実物を見たことがあり、そのときの印象がとにかく強烈だったんです。何だか訳が分からないけれど、すごいパワーがあって、だけどヘンテコで、ユーモアも感じられて。裏には黒い太陽が描かれていて、不気味で怖くもあった。いったいどうしてこんなものができたのだろうって疑問を持ちました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る