24時間ランナーに みやぞん愛されるワケは“眉毛”にあり?

公開日: 更新日:

 今年はお笑いコンビ、ANZEN漫才のみやぞん(33)に決まった。日本テレビ系「24時間テレビ 愛は地球を救う」のチャリティーランナー。早々と決定したのにはワケがある。

「昨年は『直前に決定する』と発表し、炎上騒ぎになった。『練習していない人を、いきなり炎天下で走らせるのは無謀すぎる』『本当はとっくに打診しているくせに、あざとい』なんて批判が相次ぎ、ついには『チャリティーランナーなんてなくしてしまえ』という過激な意見であふれ返ってしまった。それに懲りたようですね」(キー局関係者)

 みやぞんといえば、これまでバラエティー番組で身体能力の高さを見せつけている。が、今回のチャレンジは水泳と自転車も加わるトライアスロンだ。24時間マラソンよりさらに過酷になるが、昨年の炎上騒動も何のその、ネット上の反応は、「みやぞん、頑張って」「応援します」と、おおむね好意的。さすが芸能界屈指の愛されキャラといわれるだけあるが、どうやら愛されるワケは、あの独特の顔立ちにあるようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  9. 9

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  10. 10

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

もっと見る