1年間の“お蔵入り”から…映画「一茶」公開へ強力な支援者

公開日:

 昨年秋に公開される予定だった映画「一茶」が“お蔵入り”状態のままだ。

 俳人・小林一茶の知られざる生涯を描いた作品で、主演はリリー・フランキー、一茶の最初の妻・菊を佐々木希が演じることでも話題になった。ほかに水川あさみ、伊藤淳史、石橋蓮司、中村玉緒と、豪華キャストが名を連ねているが……。

「昨年10月、製作会社が4億円の負債を抱えて破産したんです。公開ができなくなっただけではなく、ロケ地となった長野県飯山市の観光局などが立て替えた諸費用も回収できなくなっていました」(映画ライター)

 事態は暗礁に乗り上げていたが、今月になって急展開を見せる。京都市の建設業「沖潮開発」の沖潮吉績社長が、約2000万円を飯山市に寄付することを申し出たのだ。この寄付で、立て替え費用をまかなえることになった同市は8月27日、沖潮社長に感謝状を贈った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る