1年間の“お蔵入り”から…映画「一茶」公開へ強力な支援者

公開日: 更新日:

 昨年秋に公開される予定だった映画「一茶」が“お蔵入り”状態のままだ。

 俳人・小林一茶の知られざる生涯を描いた作品で、主演はリリー・フランキー、一茶の最初の妻・菊を佐々木希が演じることでも話題になった。ほかに水川あさみ、伊藤淳史、石橋蓮司、中村玉緒と、豪華キャストが名を連ねているが……。

「昨年10月、製作会社が4億円の負債を抱えて破産したんです。公開ができなくなっただけではなく、ロケ地となった長野県飯山市の観光局などが立て替えた諸費用も回収できなくなっていました」(映画ライター)

 事態は暗礁に乗り上げていたが、今月になって急展開を見せる。京都市の建設業「沖潮開発」の沖潮吉績社長が、約2000万円を飯山市に寄付することを申し出たのだ。この寄付で、立て替え費用をまかなえることになった同市は8月27日、沖潮社長に感謝状を贈った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  3. 3

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  6. 6

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  7. 7

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  8. 8

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  9. 9

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  10. 10

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る