二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

ヒロミもDAIGOも 芸能界の新トレンドは「愛妻家」キャラ?

公開日:

「芸能人は歯が命」というCMがあったが、日々、テレビで素を出すタレントにとって、大切なのは歯よりも好感度にある。

 好感度は人気につながり、バラエティーのみならずCMまで仕事の幅を広げられる。歌手や俳優は歌唱と演技という武器がある。多少、好感度は悪くてもさほど仕事に影響はないが、普段のおしゃべりが仕事のタレントはそうはいかない。別な武器が必要となる。女性タレントなら結婚↓出産↓育児に移行してもSNSなどで普段の顔を上手に発信することで、好感度をアップする効果があり、仕事にもつながる。最近では後藤真希がブログで育児や料理をアップして好感度を上げ、ママタレとして頭角を現しているように――。

 逆に男性タレントは育児などSNSで発信する絶対的な手段を持たない。テレビを通じて好感度を上げるのが最善策。一時、芸能界から身を引いていたヒロミ(53)は復帰するや破竹の勢いで仕事を増やし続け、今やMCの座まで上り詰めた。オッサンになっても元暴走族の面影が今も残る風貌と時には若者に説教する毒舌が売りだが、好感度も見逃せない。ヒロミは「良き家庭人」のイメージが定着している。家事、料理からリフォームまでこなす大工仕事。「こんな夫がいたら」と主婦はため息をつきながらも、「理想の熟年夫」と思う人も多い。そしてなによりも妻の松本伊代(53)を「ママ」と呼び愛し続ける「愛妻家」キャラが好感度を上げている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る