とろ久保田は生き残りへ 松本人志が叱咤激励で異例“救済”

公開日:  更新日:

 とろサーモンは腐っても昨年のM―1覇者。それだけに「吉本は各方面に平謝りし、とろサーモンがお笑い界から消えないよう必死。賞レースのチャンピオンにはギャラを含めて優遇する事務所ですからね。もっとも、騒動直後は仕事をキャンセルせざるを得ない状況で、年内の番組は断ったものも多かったと聞きます。ただ、年明け放送分に関しては『ドリーム東西ネタ合戦』のように収録に参加しています」(芸能プロ関係者)。

 ダウンタウンの2人は同番組のMCを務めている。芸人たちが東西に分かれ、持ちネタを披露するわけだが、東西両軍のキャプテンとして、志村けん(68)と西川きよし(72)という上沼に匹敵する大御所も出演。縮こまって粗末な芸をやられても、新たな火種をつくられても困る――そう考えた松本が先手を打ったとも考えられるが、「実は最近、“松本が円くなった”と業界で話題になっていた。昔の松本なら今回の騒動だってフォローはしなかっただろうと、楽屋での一件を知る人たちは一様に驚いている。とろサーモンの担当マネジャーは呼び出しをくらった際、激怒されるとビビりまくってたぐらいだから」(前出の事情通)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る