吉川圭三
著者のコラム一覧
吉川圭三

1957年、東京都生まれ。82年に日本テレビに入局、「世界まる見え!テレビ特捜部」「恋のから騒ぎ」「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」などを手掛ける。現在、ドワンゴのエグゼクティブプロデューサーを務める。近著に「たけし、さんま、所の『すごい』仕事現場」(小学館)がある。

ジャニー氏の素顔と仕事術 トイレに4日間&汐留で迷子に…

公開日: 更新日:

 上司に“ジャニーさんの演出家としての力も見た方がいい”と言われ、堂本光一君の舞台「SHOCK」を見に行くと、途中休憩には個室に高級弁当まで用意され、ジャニーさんの微に入り細をうがつ歓待を受けた。ジュニア育成だけに注力していたと報道されているが、自身が手掛けた舞台への熱量も並々ならぬものを感じた。

 ジャニーズ事務所の“子供たち”には「YOU やっちゃいなよ」が名言のようだが、テレビ屋の私が見たジャニーさんは実力派の演出家でありながら、慧眼のプロデューサー。気さくで一度会ったら誰もが好きになる、いい意味での“人たらし”だった。どこのプロダクションもお役所並みの冷ややかな組織対応になりつつある中、ジャニーさんのように人柄で仕事をする人は減ってきたな、とつくづく思う。

 ジャニーさんが日本のショービジネスに与えた影響力は余りに大きい。その圧倒的パワーと容赦ない戦略にたじろいだことも正直に申せばある。ただ私がその人物の片鱗に触れられたのはある意味僥倖である。今はジャニー喜多川さんのご冥福をただただ祈るばかりである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  3. 3

    8年かけて高校を卒業…同級生の“無音”の拍手に校長も感動

  4. 4

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  5. 5

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  6. 6

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  7. 7

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  8. 8

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  9. 9

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  10. 10

    1位は2千万円超え 平均給与トップ30は総合商社や民放ズラリ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る