TV各局は“撃ち方やめ” 吉本興業が「報道統制」発動の焦り

公開日: 更新日:

 吉本興業の岡本昭彦社長の会見から2週間。闇営業から、吉本興業の企業体質やお家騒動にまで問題は広がり、一向に収束の気配を見せない。しかし、テレビ局では早くも“撃ち方やめ”の動きが出ているようだ。テレビ局関係者がこう話す。

「ある在京キー局の情報番組系のチーフプロデューサーは、吉本関係者から“(騒動を取り上げるのは)そろそろやめて欲しい”と要請を受けたそうです。局としても、多数の吉本タレントが出演している以上、週刊誌による強烈な『新ネタ』が出てこない限りは、“忖度”を働かせざるを得ないのだと思います」

 また別のキー局関係者はこう話す。

「日本テレビの情報番組系の部署にも吉本興業から“お願い”が入ったようです。極楽とんぼの加藤浩次は、『スッキリ』で、一連の問題に対して、今後は今までのような踏み込んだ発言はしなくなるようです。また新たな問題が出てきたとしても、今までのように大々的に時間を割いてやることはなくなるでしょう。背景には、テレビ局が吉本興業の株主であるので、これ以上吉本興業を絞りあげても、自らの利益損失につながりかねないこと、また『吉本問題』が視聴者に飽きられて、視聴率が取れなくなってきていることがあるようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  8. 8

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  9. 9

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  10. 10

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る