契約解消後2年は芸能活動禁止…吉本所属NMBも“奴隷契約”?

公開日: 更新日:

 お家騒動で渦中の吉本興業。これまで、所属芸人たちとの契約は原則、口頭で結ばれており、書面が存在しないことがたびたび問題視されていたが、公正取引委員会の指摘を受け、希望するタレントに対して書面で契約書を交わす方針に変更した。しかし、そんな吉本において、しっかりと契約書を交わしてたのが、吉本の関連会社が所属事務所であるNMB48のメンバーたちだ。

「一部メディアがその契約書の内容を報じたことがありますが、契約を解消して退社した場合、2年間は芸能活動を行うことができないという“奴隷契約”でした。ただし、グループを卒業しても契約を更新すれば芸能活動継続は可能。このところ、公取委はそのあたりの問題にも目を光らせているので、さすがにそのしばりは改善すべきでしょう」(芸能プロ関係者)

 AKB48の姉妹グループとして結成され、2010年10月から活動している同グループだが、実は吉本にとってかなりの功労者だというのだ。

「お笑いではとうてい稼げない億単位の金額を稼ぎ出して経営幹部はアイドル人気のスゴさに驚いたそう。松本人志映画製作でつくった赤字などを見事に埋め合わせたとか」(芸能ライター)

 NMBのメンバーたちこそ待遇改善を訴えたほうがいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  3. 3

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

  6. 6

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  7. 7

    中曽根氏合同葬 参列者は6割減なのに経費は1400万円増の怪

  8. 8

    上川法相は“鋼のメンタル”官邸の狙いは「法務検察潰し」

  9. 9

    菅氏の郷里の長姉は仕送りを証言…苦学して法大卒業の真偽

  10. 10

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

もっと見る