「FNS27時間テレビ」過去最低5.8%記録 では最高視聴率は?

公開日: 更新日:

 フジテレビの「FNS27時間テレビ」の平均視聴率が5.8%でこれまでの最低の昨年より1.5ポイントダウン、33回の歴史で最低を記録した。

「にほんのスポーツは強いっ!」がテーマだったが、裏番組のラグビーなどスポーツ中継に数字をさらわれ、皮肉にもスポーツの強さを証明した結果となった。これで4年連続1桁。年々話題に乏しく、じり貧状態だ。

 最高視聴率は第1回の1987年、タモリ、さんまが総合司会。当時は24時間放送で平均で19.9%! なんと今年と14.1ポイントの差。

 フジは「笑っていいとも!」や「オレたちひょうきん族」でタモリ、たけし、さんまをテレビの寵児に育て、バラエティーで独り勝ちの時代。両番組を制作するスタッフがアドリブやハプニング満載で丸一日バカ騒ぎし、常にセンセーショナルだった。しかし、そんなフジ式お祭りバラエティーは年々不要となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る