二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

芸能人のタニマチになりたがる「バブル紳士」が多数いた

公開日: 更新日:

 1986年から5年近くにわたったバブル時代。街に札束が舞っていたと言っても過言ではなかった。現代では「ありえない」バブル紳士たちの生態を芸能界との絡みを含め紹介する。

 芸能界には“ショクナイ”と呼ばれる内職があった。当時はパーティーやゴルフ場のオープンに顔を出すだけで高額のギャラを得るなどが主だった。売り出し中のタレントにとっては「多くの人に知ってもらうチャンス」と仕事として受けていたケースもあれば、タレント本人やマネジャーが事務所と関係なく直接受けていたケースも少なくない。

 その場合、ギャラは振り込みではなく、「取っ払い」と呼ばれる、終了後に現金で手渡しでもらう。昨年大騒動となった、吉本芸人の闇営業とも直営業とも呼ばれるものである。主催者が半グレ集団だったことから、社会的な問題に発展し、宮迫博之らが謹慎処分となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    巨人に4タテ完勝 ソフトBの執念を象徴する初戦9回裏の反省

  3. 3

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  4. 4

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  5. 5

    ソフトは本気 王会長「工藤→小久保→城島」で狙うV10構想

  6. 6

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  7. 7

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  8. 8

    大鹿理財局長の「何をもって虚偽とするか」発言に唖然呆然

  9. 9

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  10. 10

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

もっと見る