本多正識
著者のコラム一覧
本多正識漫才作家

1958年、大阪府生まれ。漫才作家。オール阪神・巨人の漫才台本をはじめ、テレビ、ラジオ、新喜劇などの台本を執筆。また吉本NSCの名物講師で、1万人以上の芸人志望生を指導。近著に「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)、「笑おうね生きようね いじめられ体験乗り越えて」(小学館)がある。

Mr.ボールド 一輪車使って老若男女、外国人まで爆笑させる

公開日: 更新日:

 1990年代から2000代年にかけて、一輪車を使ったボードビルショーで「爆笑王」「舞台王」と呼ばれたMr.ボールドさん。関西の方なら一度はテレビで見たことがあるくらいの有名人で、全国放送では「笑っていいとも!」に出演し「コミックサイクル」で覚えていらっしゃる方もいるのではないでしょうか?

「ボールドさんの後だけは堪忍して……」と、オール阪神巨人さん、今いくよ・くるよさん、桂文珍さんらトリを務める大物芸人さんたちが言うほど、会場の笑いを根こそぎ(!)取っていく怪物でした。老若男女、外国人まで爆笑させ、とにかく理屈抜きに面白い。

 初めてお会いしたのはNGK(なんばグランド花月)の楽屋。レザーの上下に身を包んだスキンヘッドの小柄な眼光の鋭い“ちょっと危ないおじさん”というのが第一印象でした。出番表に「Mr.ボールド」と書かれているが、どんな芸をするのかもわからず、興味津々で舞台袖へ……。颯爽と一輪車に乗って飛び出し、グルグルと舞台を回りながら、岡山訛り(津山市出身)の言葉でボソボソとしゃべりかけ、頭がすっぽりと入る大道芸のフープを客席に投げ入れ、それを投げ返してもらって一輪車に乗ったまま首に掛けるという客席を巻き込んだパフォーマンスが始まりました。客席から投げ返されるフープが高過ぎたり低過ぎたりして、なかなか首に掛からず、ある時は一輪車ごと頭から倒れ込み、大爆笑。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る