三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

抗原検査とPCR検査をダブルで…多分大丈夫でしょう、大丈夫じゃないと困ります

公開日: 更新日:

 いやぁ肝を冷やしました。いやまだ終わってないのかな? 1月19日(水)の朝、ラジオ番組の共演者が発熱との第一報。今日の出演は無理だなぁなんて思ってたところにPCR検査で陽性反応が出たとの続報が。2日前に同じスタジオで仕事をしていた私は濃厚接触なの? でもスタジオ内はアクリル板で仕切られてる上でマスクを着用して放送してました。うん、大丈夫。

 俺は関係ないと思い込もうとしましたが、かかってなくても濃厚接触認定されたら14日間隔離されるという話を聞いたこともあるので、今週末久々に入ってた落語の仕事2本と来週の独演会はダメかぁ、いや今日のラジオ放送は? いやいやこれから2週間のラジオは? と軽くパニックに。

 気を取り直してラジオ局に入ると番組プロデューサーからは抗原検査のキットを渡されこれで陽性が出たら次はPCR検査との指令が。インフルエンザの検査のように鼻に長い綿棒を突っ込み涙目になりながら粘膜の採取。その後液体に綿棒を浸してからその液体をキットに。妊娠検査薬に似てるなぁなんて思いながら結果が出るのに15~30分かかるとのことで、「2週間隔離になったらどうしようかなぁ……Netflixぐらいしか楽しみないよなぁ……新聞記者はまだ2話だから続きを……」なんてことを考えていると陰性の判定! よっしゃー! と喜んだ20分後「念のためPCR検査も」だって。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

  2. 2
    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

  3. 3
    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

  4. 4
    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

  5. 5
    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

もっと見る

  1. 6
    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

  2. 7
    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

  3. 8
    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

  4. 9
    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

  5. 10
    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”

    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”