オミクロン株大流行で国内スポーツ界は崩壊寸前…アマ競技にもクラスターで続々大会中止

公開日: 更新日:

 毎日のように新型コロナの感染者が出ているスポーツ界。20日は高知で1次キャンプを行っているサッカーJ2のアルビレックス新潟の所属選手5人が陽性判定。前日までに1人の感染が判明しており、キャンプも19日から一時中断している。

 競泳では瀬戸大也らが感染し、21日からの北島康介杯を辞退。プロ野球でも自主トレ中の選手が次々に感染している。

 あるパ球団のスタッフは「一般の人より検査の回数が多いのだから、感染者が増えるのも仕方ない」と、こう続ける。

「現在流行しているオミクロン株は、感染力が強いといわれている。重症化率は低く、医療現場からは風邪と似た症状が多数報告されています。しかし、だからといって無視はできない。野球もそうだが、多くのスポーツイベントは政府や自治体の方針が適用されます。無症状でも陽性と判定されれば、一定期間の隔離が必要です。政府の方針で外国人の新規入国も禁止されているので、キャンプは新助っ人不在となりかねない。我々も対策は練ってはいるが、『感染しやすい』オミクロン株対策となると、昨年以上に厳格にやる必要も出てくる。下手をすればシーズン中も続々と感染者が出かねません」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

  3. 3
    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

  4. 4
    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

  5. 5
    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

もっと見る

  1. 6
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  2. 7
    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

  5. 10
    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?

    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?