オミクロン株大流行で国内スポーツ界は崩壊寸前…アマ競技にもクラスターで続々大会中止

公開日: 更新日:

 毎日のように新型コロナの感染者が出ているスポーツ界。20日は高知で1次キャンプを行っているサッカーJ2のアルビレックス新潟の所属選手5人が陽性判定。前日までに1人の感染が判明しており、キャンプも19日から一時中断している。

 競泳では瀬戸大也らが感染し、21日からの北島康介杯を辞退。プロ野球でも自主トレ中の選手が次々に感染している。

 あるパ球団のスタッフは「一般の人より検査の回数が多いのだから、感染者が増えるのも仕方ない」と、こう続ける。

「現在流行しているオミクロン株は、感染力が強いといわれている。重症化率は低く、医療現場からは風邪と似た症状が多数報告されています。しかし、だからといって無視はできない。野球もそうだが、多くのスポーツイベントは政府や自治体の方針が適用されます。無症状でも陽性と判定されれば、一定期間の隔離が必要です。政府の方針で外国人の新規入国も禁止されているので、キャンプは新助っ人不在となりかねない。我々も対策は練ってはいるが、『感染しやすい』オミクロン株対策となると、昨年以上に厳格にやる必要も出てくる。下手をすればシーズン中も続々と感染者が出かねません」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  2. 2
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  5. 5
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  1. 6
    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

  2. 7
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

  5. 10
    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走

    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走