• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

微妙な滑り出しの「セカンド・ラブ」 深田恭子は脱ぐのか?

 ずばり、今宵(13日)の脱ぎっぷり次第だろう。

 崖っぷち女優の深キョンこと深田恭子(32)。昼メロならぬ「夜メロ」と銘打ち、主演の亀梨和也(28)を相手に体当たりの濡れ場を展開。エロ満載と話題をさらったドラマ「セカンド・ラブ」(テレビ朝日系、金曜23時15分~)だが、第1話(6日)は、な~んてことはなかった。

「最後のベッドシーンなんて、看板倒れもいいところ。深キョンの暗がりの中での背中ヌードも、見せ場のはずなのに彼女の顔が全く映らない不可解なカメラアングルにより、代役を疑うぐらい。ムチュ、ムチュと大げさなキスの音は耳障りなだけですしねえ……」(コラムニストの桧山珠美氏)

 初回視聴率8.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と伸び悩んだのも無理ないのである。

 所属事務所「ホリプロ」の“3人娘”――綾瀬はるか(29)、石原さとみ(28)、そして深キョンがそれぞれ主演を張った昨10月期クール。深キョンの「女はそれを許さない」(TBS系)だけ、ゴールデン帯なのに平均視聴率6%台と大コケし、2人の「妹」に水をあけられてしまった。ここ何年もヒット作がなく、まさに崖っぷちというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る