微妙な滑り出しの「セカンド・ラブ」 深田恭子は脱ぐのか?

公開日:  更新日:

 ずばり、今宵(13日)の脱ぎっぷり次第だろう。

 崖っぷち女優の深キョンこと深田恭子(32)。昼メロならぬ「夜メロ」と銘打ち、主演の亀梨和也(28)を相手に体当たりの濡れ場を展開。エロ満載と話題をさらったドラマ「セカンド・ラブ」(テレビ朝日系、金曜23時15分~)だが、第1話(6日)は、な~んてことはなかった。

「最後のベッドシーンなんて、看板倒れもいいところ。深キョンの暗がりの中での背中ヌードも、見せ場のはずなのに彼女の顔が全く映らない不可解なカメラアングルにより、代役を疑うぐらい。ムチュ、ムチュと大げさなキスの音は耳障りなだけですしねえ……」(コラムニストの桧山珠美氏)

 初回視聴率8.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と伸び悩んだのも無理ないのである。

 所属事務所「ホリプロ」の“3人娘”――綾瀬はるか(29)、石原さとみ(28)、そして深キョンがそれぞれ主演を張った昨10月期クール。深キョンの「女はそれを許さない」(TBS系)だけ、ゴールデン帯なのに平均視聴率6%台と大コケし、2人の「妹」に水をあけられてしまった。ここ何年もヒット作がなく、まさに崖っぷちというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る