パメラ・アンダーソン C型肝炎完治で「お祝いヌード」披露

公開日: 更新日:

 よほどうれしかったのか、それとも48歳の引き締まった裸体を見せたかったのか。

 米テレビ番組「ベイウォッチ」で知られる女優パメラ・アンダーソンが、16年間も患っていたC型肝炎の完治を祝ってヌードをネット上で披露した。

 C型肝炎に感染していることを公表したのは2年前。16年前は死を意識したと米メディアに語ったが、今月6日、インスタグラムにヌード写真を掲載し、「完治したことを今、知ったわ。C型肝炎を患っている人が同じ治療を受けられるように祈っています」と伝言。48歳とは思えぬ裸体をさらした。

 さらに「毎日がとても気分がいいし、なんか20年前に戻った気分でうれしい」と喜びを爆発させた。

 ハイ、ナイスバディーも爆発しています!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  3. 3

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  4. 4

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  5. 5

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  6. 6

    8年かけて高校を卒業…同級生の“無音”の拍手に校長も感動

  7. 7

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  8. 8

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  9. 9

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  10. 10

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る