パメラ・アンダーソン C型肝炎完治で「お祝いヌード」披露

公開日:  更新日:

 よほどうれしかったのか、それとも48歳の引き締まった裸体を見せたかったのか。

 米テレビ番組「ベイウォッチ」で知られる女優パメラ・アンダーソンが、16年間も患っていたC型肝炎の完治を祝ってヌードをネット上で披露した。

 C型肝炎に感染していることを公表したのは2年前。16年前は死を意識したと米メディアに語ったが、今月6日、インスタグラムにヌード写真を掲載し、「完治したことを今、知ったわ。C型肝炎を患っている人が同じ治療を受けられるように祈っています」と伝言。48歳とは思えぬ裸体をさらした。

 さらに「毎日がとても気分がいいし、なんか20年前に戻った気分でうれしい」と喜びを爆発させた。

 ハイ、ナイスバディーも爆発しています!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る