【お腹のヘルニア】国立病院機構村山医療センター・外科(東京都武蔵村山市)

公開日: 更新日:

癒着が少なく腸閉塞などの合併症が起こりにくい腹腔鏡の手術法を選択

 同院は、整形外科分野では国内屈指の病院(骨・運動器疾患の準ナショナルセンター)として知られる。その一方で、常勤外科医の定年退職によって2015年3月から約1年半、「外科」が休診状態だった。しかし、昨年秋に2人の一般外科医が赴任したことで再スタートした。

 大石英人部長は、前所属施設の東京女子医科大学八千代医療センターでは、日本内視鏡外科学会の技術認定指導医として若手医師の育成に力を注いできた。腹腔鏡を用いた内視鏡外科治療のエキスパートだ。

「当科が担う役割は、地域に根差した一般外科です。まずは発生頻度の高い『虫垂炎』『痔』『腹部ヘルニア』などの疾患を丁寧かつ確実に診療すること。特に低侵襲性外科治療をモットーにしています」

 同院には脊椎疾患などで治療に通う高齢の患者が多い。その世代の患者では、腹部ヘルニアの発生率も高くなる。腹部ヘルニアは、お腹の中の臓器を支えている筋肉が何らかの原因で弱くなったり、隙間ができたりして、腸の一部がポッコリ飛び出してしまう病態。その原因のひとつに、加齢によるお腹の筋肉の衰えがあるからだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで