著者のコラム一覧
下山祐人あけぼの診療所院長

2004年、東京医大医学部卒業。17年に在宅医療をメインとするクリニック「あけぼの診療所」開業。新宿を拠点に16キロ圏内を中心に訪問診療を行う。

新型コロナの影響で在宅医療の重要性が一層浮き彫りに…

公開日: 更新日:

 だれもが、いつでもどこでも受けたい医療を受けられる。そんな時代が来るはずだと考え、4年前、私たちは在宅医療専門のクリニックを開業しました。

 そんな患者さんの個性に合わせた、どんな状況でも柔軟に対応できるテーラーメードな在宅医療の重要性を、コロナが浮き彫りにしました。というのも、コロナが怖いから退院したい、コロナで病院が面会禁止になっているから自宅に帰りたいという方が確実に増えているのです。

 また、院内でのリハビリができなくなったり、通常の入院で行われるはずのマンツーマンの医療サービスが滞りがちになるなど、コロナの影響は確実に出ています。

 一方で、退院時に病院側の医師と在宅診療所の医師とで患者さんを受け入れるために行う協議について、以前なら双方の時間を合わせるのが大変だったのが、オンライン会議システムの活用で、スムーズに進められるようになりました。

 この退院時の協議では、病状の説明に加え、本人や家族の希望など大事なことが話し合われます。病状は診療情報提供書(紹介状)を見れば分かるのですが、患者さんやご家族に病院の医師が何をどこまで説明をしているのか、患者さんとご家族の希望に違いがあるのかなど、文面では表現できない微妙な内容も確認できます。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで