著者のコラム一覧
下山祐人あけぼの診療所院長

2004年、東京医大医学部卒業。17年に在宅医療をメインとするクリニック「あけぼの診療所」開業。新宿を拠点に16キロ圏内を中心に訪問診療を行う。

会話を重ね、時間をかけて、在宅患者や家族の疑問に答えていく

公開日: 更新日:

「お酒は飲みますか?」(私)

「えへへ、ワインをちょっと」(患者)

「1杯とかならいいかな。ところで病院はこれからも通いますか?」(私)

「はい」(娘)

「では基本的に薬は病院でお願いするということでいいですか?」(私)

「はい。ただもう年齢もあるので、もしダメになったらあけぼのさんでお願いしたいですね」(娘)

「もちろんです。お薬もね、ご年齢もあるのでリスクもあります。これ以上悪化しないように維持していくという形になるかと思います。お薬に関しては、こちらに相談してもらってもいいんですけど、外来で行ってる限りは先生にご相談した方がいいかもしれないですね」(私)

「そうですか」(娘)

「ずっと診てもらっている先生だと思いますし、先生がずっと数値を見ながら薬を調整しているところもありますから」(私)

「そうですね」(娘)

「我々は突然、熱が出ちゃったりとかの緊急対応で介入できればいいかなと思います」(私)

 こうして患者さんの思いをくみ全体をマネジメントしながら、将来に備えた予備のための対処もまた、これからの在宅医療のカタチといえるでしょう。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」