著者のコラム一覧
青島周一勤務薬剤師/「薬剤師のジャーナルクラブ」共同主宰

2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBM(科学的エビデンスに基づく医療)スタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録を自身のブログ「薬剤師の地域医療日誌」などに書き留めている。

インフルエンザと新型コロナでは死亡リスクはどちらが高い?

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスの感染が拡大した当初、同ウイルスによる感染症インフルエンザ感染症よりも重症化しやすいと考えられていました。実際、2020年に報告された米国の研究データによれば、入院患者の死亡リスクは、インフルエンザ感染症と比べて、新型コロナウイルス感染症で、約5倍高いことが示されています。

 しかし、新型コロナウイルスに対するワクチンの普及、新しい治療薬の開発と実用化、ウイルスの変異に伴う弱毒化などによって、重症化のリスクも大きく変化した可能性があります。そんな中、新型コロナウイルス感染症とインフルエンザ感染症の死亡リスクを比較した最新の研究データが、米国医師会誌に23年4月6日付で掲載されました。

 この研究では、22年10月1日~23年1月31日の間に、新型コロナウイルス感染症で入院した8996例と、インフルエンザ感染症で入院した2403例(平均73歳、男性95%)が解析されています。

 その結果、入院から30日以内の死亡率は、新型コロナウイルス感染症で5.97%、インフルエンザ感染症で3.75%と、新型コロナウイルス感染症で1.61倍、統計学的にも有意に高いことが示されました。なお、死亡リスクは新型コロナウイルスワクチンの接種回数が多いほど減少しました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで