有名人だらけ…レジェンド葛西の同級生はなぜ個性派揃い?

公開日: 更新日:

 20日に凱旋帰国したばかりの葛西紀明(41)が、早くも次のW杯に向けてスウェーデンに飛び立った。もう少しゆっくり休ませてあげたいが、引退する気などサラサラない彼にとって、当然の行動なのだろう。

 40歳を過ぎても現役を続け、7度目の五輪で個人銀メダル。まさに「レジェンド」と呼ばれるにふさわしいが、葛西の人生は逆境の連続だった。

 幼少期の極貧生活、勤め先の倒産、難病の妹、最愛の母・幸子さん(享年48)は放火事件で死亡。あれもこれもあり過ぎて、本人はいまだ独身なのだ。そんな努力の人の葛西が生まれたのは、1972(昭和47)年。なぜかこの年の生まれには有名人が多い。

 ざっと挙げても、相撲の貴乃花、タレントの中居正広、木村拓哉、歌舞伎の中村獅童、作家の田中慎弥、マツコ・デラックス、バレエの熊川哲也、元経営者の堀江貴文。個性派と呼ばれる人が多いようだ。彼らは「団塊ジュニア世代」で、人数が多い分、個性派が多くて当然だが、何か別の理由があるような気もする。浄土真宗本願寺派僧侶で作家の向谷匡史氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    権勢にしがみつき私情優先 野党結集を邪魔する「新6人衆」

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る