日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「つけず」「落とす」「固める」…これが花粉症対策の“新三原則”

「つけず」「落とす」「固める」――。非核三原則の「持たず」「つくらず」「持ち込ませず」ではないが、こんな花粉症対策の「新・三原則」が広まっている。対策の中でも、自宅や職場に「持ち込ませず」を重視したものだ。

 外出先では、メガネやマスクで防御しても、意外と見落とされているのが、花粉そのものを寄せ付けないテクニック。敵は衣類や髪の毛の中に隠れ、油断した隙に再アタックをかけてくるのだ。 新・三原則を実践するには、何か特別なモノが必要なわけではない。市販のグッズで十分、対応できる。

 まず、「つけない」ために役立つのが、静電気防止スプレーだ。
 外出時にポリ袋をすっぽりかぶれればいいが、そうはいかない人は、静電気防止スプレーをシュッとひと吹き。花粉が服や髪に付きにくくなる。ナイロンやポリエステルなどの衣類素材も、表面がスベスベしているから花粉が付着しづらい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事