• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「つけず」「落とす」「固める」…これが花粉症対策の“新三原則”

「つけず」「落とす」「固める」――。非核三原則の「持たず」「つくらず」「持ち込ませず」ではないが、こんな花粉症対策の「新・三原則」が広まっている。対策の中でも、自宅や職場に「持ち込ませず」を重視したものだ。

 外出先では、メガネやマスクで防御しても、意外と見落とされているのが、花粉そのものを寄せ付けないテクニック。敵は衣類や髪の毛の中に隠れ、油断した隙に再アタックをかけてくるのだ。 新・三原則を実践するには、何か特別なモノが必要なわけではない。市販のグッズで十分、対応できる。

 まず、「つけない」ために役立つのが、静電気防止スプレーだ。
 外出時にポリ袋をすっぽりかぶれればいいが、そうはいかない人は、静電気防止スプレーをシュッとひと吹き。花粉が服や髪に付きにくくなる。ナイロンやポリエステルなどの衣類素材も、表面がスベスベしているから花粉が付着しづらい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  3. 3

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  4. 4

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  5. 5

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  6. 6

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  7. 7

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  8. 8

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

  9. 9

    鈴木保奈美は月9復帰 フジテレビ秋改編で泣く人笑う人

  10. 10

    “ハイサイ、グスヨー、チューウカナビラ”は沖縄の強い意志

もっと見る