「つけず」「落とす」「固める」…これが花粉症対策の“新三原則”

公開日:  更新日:

「つけず」「落とす」「固める」――。非核三原則の「持たず」「つくらず」「持ち込ませず」ではないが、こんな花粉症対策の「新・三原則」が広まっている。対策の中でも、自宅や職場に「持ち込ませず」を重視したものだ。

 外出先では、メガネやマスクで防御しても、意外と見落とされているのが、花粉そのものを寄せ付けないテクニック。敵は衣類や髪の毛の中に隠れ、油断した隙に再アタックをかけてくるのだ。 新・三原則を実践するには、何か特別なモノが必要なわけではない。市販のグッズで十分、対応できる。

 まず、「つけない」ために役立つのが、静電気防止スプレーだ。
 外出時にポリ袋をすっぽりかぶれればいいが、そうはいかない人は、静電気防止スプレーをシュッとひと吹き。花粉が服や髪に付きにくくなる。ナイロンやポリエステルなどの衣類素材も、表面がスベスベしているから花粉が付着しづらい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  7. 7

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る