「つけず」「落とす」「固める」…これが花粉症対策の“新三原則”

公開日: 更新日:

「つけず」「落とす」「固める」――。非核三原則の「持たず」「つくらず」「持ち込ませず」ではないが、こんな花粉症対策の「新・三原則」が広まっている。対策の中でも、自宅や職場に「持ち込ませず」を重視したものだ。

 外出先では、メガネやマスクで防御しても、意外と見落とされているのが、花粉そのものを寄せ付けないテクニック。敵は衣類や髪の毛の中に隠れ、油断した隙に再アタックをかけてくるのだ。 新・三原則を実践するには、何か特別なモノが必要なわけではない。市販のグッズで十分、対応できる。

 まず、「つけない」ために役立つのが、静電気防止スプレーだ。
 外出時にポリ袋をすっぽりかぶれればいいが、そうはいかない人は、静電気防止スプレーをシュッとひと吹き。花粉が服や髪に付きにくくなる。ナイロンやポリエステルなどの衣類素材も、表面がスベスベしているから花粉が付着しづらい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    遅刻の虎藤浪は無期限二軍も…「メジャー挑戦が最善」の声

  7. 7

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

  10. 10

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

もっと見る