いざアフリカへ!日本では経験できない感動が待っている

公開日:  更新日:

 アフリカ大陸には54の国があり、中でも大自然やサバンナで暮らす多くの動物たちの姿に魅了される日本人は少なくない。動物写真家の平岩道夫さん(79)もそのひとり。自らアフリカツアーを主催し、これまで延べ3800人を連れてこの大地を踏んだ。アフリカの何が人々の心を捉えて離さないのか?

 平岩さんが主催する通称「平岩ツアー」は、アフリカの自然や動物たちをカメラに収める撮影ツアー。終了したばかりの3月のケニアツアー(12日間)で通算141回目。8月にケニア(すでに満杯!)、来年2月にはタンザニアツアーがある予定だ。

■30頭の象が一列で歩く

「見渡す限り何もない草原、ずっと向こうにキリマンジャロがデ~ンと鎮座する。左の方に目を向ければ所々に木がポツンポツ~ン……。広大なサバンナを目にしただけで大半の人が『すごいなぁ』とため息が漏れます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る