いざアフリカへ!日本では経験できない感動が待っている

公開日: 更新日:

 アフリカ大陸には54の国があり、中でも大自然やサバンナで暮らす多くの動物たちの姿に魅了される日本人は少なくない。動物写真家の平岩道夫さん(79)もそのひとり。自らアフリカツアーを主催し、これまで延べ3800人を連れてこの大地を踏んだ。アフリカの何が人々の心を捉えて離さないのか?

 平岩さんが主催する通称「平岩ツアー」は、アフリカの自然や動物たちをカメラに収める撮影ツアー。終了したばかりの3月のケニアツアー(12日間)で通算141回目。8月にケニア(すでに満杯!)、来年2月にはタンザニアツアーがある予定だ。

■30頭の象が一列で歩く

「見渡す限り何もない草原、ずっと向こうにキリマンジャロがデ~ンと鎮座する。左の方に目を向ければ所々に木がポツンポツ~ン……。広大なサバンナを目にしただけで大半の人が『すごいなぁ』とため息が漏れます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  3. 3

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  4. 4

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  5. 5

    パナマ文書に義姉会社 加藤厚労相とベネッセ“奇怪な関係”

  6. 6

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  7. 7

    侍J深刻ファン離れ ZOZOマリンがロッテ戦より不入りの衝撃

  8. 8

    東大が方針転換 英語民間試験に突き付けた「NO!」の波紋

  9. 9

    日本はもはや国の体をなしていないことを実感した1カ月

  10. 10

    TV各局「五輪キャスター選び」が難航する“オトナの事情”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る