アンブレラマスターがオススメ「長傘は65センチ以上」

公開日:  更新日:

「アンブレラマスター」という肩書をご存じか。傘の種類や機能、使い方、修理方法などに精通した傘売り場のスペシャリストのことで、6年ほど前から洋傘の業界団体が始めた資格。現在全国に1000人ほどいる。

 26日まで「GINZAの百傘(ひゃくさん)会」なる展示即売会を行っている松屋銀座本店・傘売り場の御厩(みまや)里香さんもそのひとり。どんな傘を選べばいいの?

「軽くてコンパクトなものはその分、耐久性を犠牲にしているものが多い。手元(握る部分)も適度に太い方が持ちやすく疲れにくいので、長傘なら親骨が65センチ以上の、しっかりとした作りの傘がオススメです。また、靴と同じで連続して使うと傷みやすい。2本以上の傘を、その日のネクタイの色などに合わせて使い分けると長持ちします」

 暦上の入梅にあたる11日は「傘の日」。本格的な梅雨の時季、傘を1本新調してみては。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る