バター不足深刻 クリスマスケーキが買えなくなる!?

公開日:  更新日:

 今年のクリスマスはケーキが買えなくなる!?

 深刻なバター不足が続き、クリスマスシーズンが近づいた洋菓子店が悲鳴を上げている。農水省は5月にバター7000トンの緊急輸入を決めたが、改善の兆しは見えない。スーパーではバターの棚に「おひとりさま1点限り」の表示。バターはケーキ作りに欠かせないが、専門家によれば、年々、高騰しているという。

「農水省は牛乳の消費量減により、2006年から07年にかけて乳牛の頭数を減らす政策を行った。乳牛を減らしすぎたために08年にもバターの全国的な品不足が起きて騒がれましたが、その後も対策は行われず、国内生産量は毎年減少の一途です」(畜産業界関係者)

 農水省が2010年2月に出した「2019年における世界の食糧需給の見通し」によれば、主要品目の国際価格の変動の中でもバターがブッチギリの上昇率だ。07年と比較し19年には実質価格が47%増加すると予測している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る