トンネルは鼓動が速くなる<奥多摩>

公開日:  更新日:

 線路跡やトンネルを見ると、子供時代と変わらず興奮する。加えて、少しの恐怖。

 旧青梅街道の「むかし道」にあった水根貨物線のトンネルは、当然ながら真っ暗で、先が見えず、オシッコをちびりそうになりながら、通り抜けたら何があるだろうと思うと、さらに鼓動が速くなった。

 ポツンポツンと水がしたたる音。トンネルに入るまでに感じていた、鳥の声と風で木が揺れる音の心地よさから一転、呼吸が苦しくなった。実のところ、“暗闇恐怖症”である。それをなぜ好き好んで歩いているのか、我ながら謎だ。貨物線が現役だった頃、ここを仕事場のひとつとして見ていた作業員たちは、トンネルに恐怖も興奮も感じなかったんだろうか。

 ゆっくり歩いても5分かからず抜けられるトンネルだが、何十分も歩いた感覚だ。通り抜けた先は……秋の草がボウボウの道だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る