トンネルは鼓動が速くなる<奥多摩>

公開日:  更新日:

 線路跡やトンネルを見ると、子供時代と変わらず興奮する。加えて、少しの恐怖。

 旧青梅街道の「むかし道」にあった水根貨物線のトンネルは、当然ながら真っ暗で、先が見えず、オシッコをちびりそうになりながら、通り抜けたら何があるだろうと思うと、さらに鼓動が速くなった。

 ポツンポツンと水がしたたる音。トンネルに入るまでに感じていた、鳥の声と風で木が揺れる音の心地よさから一転、呼吸が苦しくなった。実のところ、“暗闇恐怖症”である。それをなぜ好き好んで歩いているのか、我ながら謎だ。貨物線が現役だった頃、ここを仕事場のひとつとして見ていた作業員たちは、トンネルに恐怖も興奮も感じなかったんだろうか。

 ゆっくり歩いても5分かからず抜けられるトンネルだが、何十分も歩いた感覚だ。通り抜けた先は……秋の草がボウボウの道だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る