“夜の神保町”は去り難い<西荻窪>

公開日: 更新日:

 西荻窪を“プチ案内”してくれた「古書 音羽館」店主の広瀬洋一さんが言うには、西荻窪は夜の神保町。

「古書店や本を読んでゆっくり過ごせるような店が、結構夜遅くまでやっているんです」

 コーヒーを飲んだ喫茶店「物豆奇」は21時まで。店のあちこちにかけられた古い振り子時計のボーン、ボーン、ボーンという音が、本の世界へ誘い込む音楽のように感じられた。

「ここはかなり隠れ家ですよ」

 次に訪れたのは、路地にひっそりとある白い引き戸の店。愛用者の気持ちをおもんぱかって、あえて店名は伏せる。中に入ると、本があちこちに置かれていて、一人客が数人、読書と食事を楽しんでいた。店の奥には靴を脱いで上がるスペースがあって、本がびっしり詰まった本棚がデン。これは、自宅にいる感覚で過ごせそうだ。広瀬さんが教えてくれなかったら、絶対に気づかなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る