• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“夜の神保町”は去り難い<西荻窪>

 西荻窪を“プチ案内”してくれた「古書 音羽館」店主の広瀬洋一さんが言うには、西荻窪は夜の神保町。

「古書店や本を読んでゆっくり過ごせるような店が、結構夜遅くまでやっているんです」

 コーヒーを飲んだ喫茶店「物豆奇」は21時まで。店のあちこちにかけられた古い振り子時計のボーン、ボーン、ボーンという音が、本の世界へ誘い込む音楽のように感じられた。

「ここはかなり隠れ家ですよ」

 次に訪れたのは、路地にひっそりとある白い引き戸の店。愛用者の気持ちをおもんぱかって、あえて店名は伏せる。中に入ると、本があちこちに置かれていて、一人客が数人、読書と食事を楽しんでいた。店の奥には靴を脱いで上がるスペースがあって、本がびっしり詰まった本棚がデン。これは、自宅にいる感覚で過ごせそうだ。広瀬さんが教えてくれなかったら、絶対に気づかなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る