“夜の神保町”は去り難い<西荻窪>

公開日:  更新日:

 西荻窪を“プチ案内”してくれた「古書 音羽館」店主の広瀬洋一さんが言うには、西荻窪は夜の神保町。

「古書店や本を読んでゆっくり過ごせるような店が、結構夜遅くまでやっているんです」

 コーヒーを飲んだ喫茶店「物豆奇」は21時まで。店のあちこちにかけられた古い振り子時計のボーン、ボーン、ボーンという音が、本の世界へ誘い込む音楽のように感じられた。

「ここはかなり隠れ家ですよ」

 次に訪れたのは、路地にひっそりとある白い引き戸の店。愛用者の気持ちをおもんぱかって、あえて店名は伏せる。中に入ると、本があちこちに置かれていて、一人客が数人、読書と食事を楽しんでいた。店の奥には靴を脱いで上がるスペースがあって、本がびっしり詰まった本棚がデン。これは、自宅にいる感覚で過ごせそうだ。広瀬さんが教えてくれなかったら、絶対に気づかなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る