荻窪と吉祥寺のエアポケット<西荻窪>

公開日:  更新日:

 こんなにシビれた街はない。

「もしJR中央線快速が休日に停車するなんて話が出たら、大多数の人が反対運動を起こすと思いますよ」

「西荻案内所」の方がキッパリ。快速が止まった方が便利なのに、人が増えるのを望んでいないのだ。西荻窪に住んでいる人、住人でなくても西荻窪を愛する人が楽しめる街をつくりたい――そんな熱い気持ちがバシバシ伝わってきた。

「ちょっとだけ話を聞かせてもらえませんか?」と訪れた「古書 音羽館」。事前に知人に紹介された店だが、偶然にも、その日待ち合わせをしていた友人が「すごくいいところがあった」と話した古書店だった。

 翌日のイベントの準備で大忙しだった店主、広瀬洋一さん(写真)は、「ちょっとだけ」とアポなしでずうずうしくお願いした私を「コーヒーでも飲みますか」と喫茶店に案内してくれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る