荻窪と吉祥寺のエアポケット<西荻窪>

公開日: 更新日:

 こんなにシビれた街はない。

「もしJR中央線快速が休日に停車するなんて話が出たら、大多数の人が反対運動を起こすと思いますよ」

「西荻案内所」の方がキッパリ。快速が止まった方が便利なのに、人が増えるのを望んでいないのだ。西荻窪に住んでいる人、住人でなくても西荻窪を愛する人が楽しめる街をつくりたい――そんな熱い気持ちがバシバシ伝わってきた。

「ちょっとだけ話を聞かせてもらえませんか?」と訪れた「古書 音羽館」。事前に知人に紹介された店だが、偶然にも、その日待ち合わせをしていた友人が「すごくいいところがあった」と話した古書店だった。

 翌日のイベントの準備で大忙しだった店主、広瀬洋一さん(写真)は、「ちょっとだけ」とアポなしでずうずうしくお願いした私を「コーヒーでも飲みますか」と喫茶店に案内してくれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る