杉を天に突き刺す<奥多摩>

公開日: 更新日:

 10月初旬の土曜日、朝帰りをした日。JR新宿駅の改札を通ると、「ホリデー快速おくたま」の表示が目に入った。出発時刻の8時19分まで10分弱。「そうだ、京都行こう」のCMのように、「そうだ、奥多摩行こう」となった。

 車内は万全の装備をした登山客ばかり。前日からの通勤用スタイルの私は明らかに浮いていたが、休日の早朝、自然あふれるところに出かけることを考えると、妙に気持ちが高ぶってきた。

 人がたくさん降りる気配で目が覚めた。いつの間にか、御嶽駅。ケータイを開くと、9時36分。登山をする客はここを起点とするのか、車内にとどまる人間はまばら。向かって左側の窓の外は、山、山、山! つい1時間ちょっと前までいた歌舞伎町が、えらく遠くに感じる。

 実はこの日はあまりに寒く、昼過ぎには新宿に引き返した。スニーカーを履き、リュックを背負って、1本遅い8時47分発の「ホリデー快速おくたま」に乗り込んだのは、1週間後。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る