市場シェア50% 「イソジンうがい薬」薄めないタイプも人気

公開日:  更新日:

 うがい薬の代表ブランドといえば「イソジンうがい薬」(明治)。市場シェア約50%と圧倒的な強さを誇る。今年は新商品効果もあって絶好調。出荷ベースは前年比アップで推移している。

 有効成分は「ポビドンヨード」。雑菌・消毒力にすぐれたポビドンヨードは1950年代にアメリカで開発され、日本では旧明治製菓(現明治)が初めて技術導入した。これにより、イソジンブランドが誕生。62年に医療用の殺菌消毒剤とうがい薬からスタートし、83年、家庭用のOTC医薬品として「イソジンうがい薬」を発売する。

 その確かな効果で信頼を獲得し、瞬く間にヒット商品となったイソジンは、「軟膏」(86年発売)や「のどフレッシュ」(同94年)などうがい薬以外のアイテムも次々投入し、ブランド力を強化。

 08年には新戦力、ほんのりフルーティーな「イソジンうがい薬P」も登場した。茶色のヨード系うがい薬の味が苦手な人に向けた待望の新作。開発には相当な時間がかかったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る