話し始めると止まらない<京急蒲田>

公開日:  更新日:

「カレーは飲み物」と言ったタレントがいたが、私にとっては「餃子が飲み物」だ。

 新たな店を開拓したいと友人に話したら、待ち合わせ場所として京急蒲田を指定された。「餃子の名店がいくつかある蒲田でもいいんだけど、今回の店は京急蒲田の方が近いから」と。

 蒲田は時々仕事で行くが、京急蒲田は数えるほどしか降りたことがない。待ち合わせ時間より早く行って散策することにした。

「こんなに駅が大きかったっけ?」というのが、最初の感想。ほんの少し前に、京急蒲田駅の高架化が完成されたのだとか。しかし、駅の立派さの割に、駅前は、かつての数少ない記憶のまま。つまり、蒲田駅と比べて、ひっそりとした雰囲気。

 京急蒲田が地元の友人によれば、「この辺りにはそっけない人が多い。でも、本当は人を構うのが好き。話し始めると止まらない」。別の友人は「青山や表参道などとはある意味、真逆の町。居心地がとてもいい。友人の大半は、同級生や同級生のお兄ちゃん、妹と結婚して、地元から離れていない」。これまた別の友人は「信号は、車が通っていなければ、基本赤でも渡る。それが、京急蒲田人」。みんな40代半ば。ほかの世代から見たら、また違った感想なのだろうが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る