話し始めると止まらない<京急蒲田>

公開日:  更新日:

「カレーは飲み物」と言ったタレントがいたが、私にとっては「餃子が飲み物」だ。

 新たな店を開拓したいと友人に話したら、待ち合わせ場所として京急蒲田を指定された。「餃子の名店がいくつかある蒲田でもいいんだけど、今回の店は京急蒲田の方が近いから」と。

 蒲田は時々仕事で行くが、京急蒲田は数えるほどしか降りたことがない。待ち合わせ時間より早く行って散策することにした。

「こんなに駅が大きかったっけ?」というのが、最初の感想。ほんの少し前に、京急蒲田駅の高架化が完成されたのだとか。しかし、駅の立派さの割に、駅前は、かつての数少ない記憶のまま。つまり、蒲田駅と比べて、ひっそりとした雰囲気。

 京急蒲田が地元の友人によれば、「この辺りにはそっけない人が多い。でも、本当は人を構うのが好き。話し始めると止まらない」。別の友人は「青山や表参道などとはある意味、真逆の町。居心地がとてもいい。友人の大半は、同級生や同級生のお兄ちゃん、妹と結婚して、地元から離れていない」。これまた別の友人は「信号は、車が通っていなければ、基本赤でも渡る。それが、京急蒲田人」。みんな40代半ば。ほかの世代から見たら、また違った感想なのだろうが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る