まさかの中止だったが…<中目黒>

公開日:  更新日:

 7日の日曜日、期待して行ったイルミネーション「青の洞窟」は、まさかの「安全確保ができないため中止」だった。

「僕たちも現地に着いてから知らされたんですよ。昨日は道が人で埋まって動けないくらい、大混雑でしたからね」と言うのは警備員。「5時の点灯時は確かに人が多かったけど、7時くらいには、みんなご飯を食べに行くみたいで、急に人が減ったんですけどねぇ」と屋台のお兄さん。宝来橋から朝日橋まで青い光に染まった風景を、ぜひとも見たかった(現在は点灯再開。25日まで)。

 気を取り直して、中目黒に住んで12年という屋台のお兄さんにこの地の魅力を聞く。

「人と人との結び付きが強くて、ここを離れられない。実家が福島のいわきで魚屋をやっているんです。震災の時、みんなが実家にいろいろ物を送ってくれて助けてくれた。今年ようやく中目黒の仲間15人を連れて実家に帰り、父親も直接顔を見てお礼を言えたんですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る