• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

一生懸命やってるといいことあるよ<京急蒲田>

「たまたま入った寿司屋の穴子が絶品だった。昭和40年代の創業だって」

 そう知人から聞き、前回の散歩とほとんど間をおかず、再びやって来た京急蒲田。1つ手前の梅屋敷から歩いた。なぜ「梅屋敷」という名前なのか? 平安時代、蒲田は梅の栽培に適した土地で「梅木村」と呼ばれていたこと、広重の名画でも知られるほどの梅の名所であったこと――を初めて知った。

 梅屋敷から京急蒲田まで、第一京浜沿いをゆっくり歩いて10分ほど。「呑川」にかかる橋の上から見た京急電鉄に目を奪われた。微妙なカーブの線路を駅に向かって入ってくる真っ赤な電車が格好良い。

 そのまま進み、振り返って見た「京急電鉄」はさらに格好良かった。線路が上下にあり、上と下を「真っ赤」がそれぞれ通過する。電車オタクにとっては何でもない風景かもしれないが、初めての私には非常に印象に残るものだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る