一生懸命やってるといいことあるよ<京急蒲田>

公開日: 更新日:

「たまたま入った寿司屋の穴子が絶品だった。昭和40年代の創業だって」

 そう知人から聞き、前回の散歩とほとんど間をおかず、再びやって来た京急蒲田。1つ手前の梅屋敷から歩いた。なぜ「梅屋敷」という名前なのか? 平安時代、蒲田は梅の栽培に適した土地で「梅木村」と呼ばれていたこと、広重の名画でも知られるほどの梅の名所であったこと――を初めて知った。

 梅屋敷から京急蒲田まで、第一京浜沿いをゆっくり歩いて10分ほど。「呑川」にかかる橋の上から見た京急電鉄に目を奪われた。微妙なカーブの線路を駅に向かって入ってくる真っ赤な電車が格好良い。

 そのまま進み、振り返って見た「京急電鉄」はさらに格好良かった。線路が上下にあり、上と下を「真っ赤」がそれぞれ通過する。電車オタクにとっては何でもない風景かもしれないが、初めての私には非常に印象に残るものだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  5. 5

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  10. 10

    小室圭さん突然文書を発表…“言い訳&反論”でケジメなるか

もっと見る