天変地異の前触れなのか 埼玉カラス大量死の不気味

公開日:  更新日:

 埼玉県で昨年12月30日から今月6日までにカラス111羽の死骸が見つかり、騒ぎになっている。カラスの死骸が見つかったのは入間市、狭山市、所沢市にまたがる半径3キロ内と熊谷市。カラスに外傷はなく、検査の結果、鳥インフルエンザでもなかったという。

 県でも「今までにこれほどの数の死骸が見つかったことはなく、何が原因か分からない」(みどり自然課)というから、ネット上では大騒ぎ。3・11の前月にもカラスの大量死が秋田県で発見されていたことから「大地震の前兆か」なんて臆測まで飛び交っている。

 奇妙なのが、カラスの胃の中が空だったことだ。

「カラス博士」こと宇都宮大学農学部の杉田昭栄教授(動物形態学)は「死因は餓死ではないか」と話す。
「半数の鳥は越冬できないといわれ、冬にカラスが死ぬこと自体珍しいことではありません。カラスの基礎代謝は42度と高く、寒さに弱い。3、4日エサを食べないと、体力が落ちて動けなくなってしまいます。冬になると、集団で集まって寒さをしのぐ習性があり、この冬の急な寒さが重なり、たまたま大量死に見えたのだと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  7. 7

    上田慎一郎監督が語る 10年前の小説から「カメ止め」まで

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

  10. 10

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

もっと見る