天変地異の前触れなのか 埼玉カラス大量死の不気味

公開日:  更新日:

 埼玉県で昨年12月30日から今月6日までにカラス111羽の死骸が見つかり、騒ぎになっている。カラスの死骸が見つかったのは入間市、狭山市、所沢市にまたがる半径3キロ内と熊谷市。カラスに外傷はなく、検査の結果、鳥インフルエンザでもなかったという。

 県でも「今までにこれほどの数の死骸が見つかったことはなく、何が原因か分からない」(みどり自然課)というから、ネット上では大騒ぎ。3・11の前月にもカラスの大量死が秋田県で発見されていたことから「大地震の前兆か」なんて臆測まで飛び交っている。

 奇妙なのが、カラスの胃の中が空だったことだ。

「カラス博士」こと宇都宮大学農学部の杉田昭栄教授(動物形態学)は「死因は餓死ではないか」と話す。
「半数の鳥は越冬できないといわれ、冬にカラスが死ぬこと自体珍しいことではありません。カラスの基礎代謝は42度と高く、寒さに弱い。3、4日エサを食べないと、体力が落ちて動けなくなってしまいます。冬になると、集団で集まって寒さをしのぐ習性があり、この冬の急な寒さが重なり、たまたま大量死に見えたのだと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  7. 7

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  8. 8

    声優・落合福嗣「下町ロケット」出演で個性派俳優の道も?

  9. 9

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

  10. 10

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

もっと見る