ハリセンボン近藤春菜も大満足した 全室個室のコリアンダイニング「韓花」

公開日:  更新日:

 その独創的な味を求めて通う常連は多く、若い女性客を中心に幅広い層から支持を集めている。1番人気は春菜も決まってオーダーするという「トマトとチーズのトッポギフォンデュ」(1410円、税別)。

 トッポギといえば、餅を甘辛く煮込んだ定番の屋台料理だが、この店ではチーズとトマトを加えて洋風にアレンジしている。石鍋に入ったアツアツを頬張れば、軟らかい餅ととろ~りチーズ、サクサクの天かすという異なる食感がコラボ! 唐辛子の辛さがチーズでほどよく中和され、マイルドな刺激が何ともクセになる。これは酒が進みそうだ。

 もうひとつのオススメはチヂミの中でも人気が高いという「ニラチヂミ」(1150円、税別)。緑色の生地の中にはたっぷりのニラが練り込まれ、見た目も鮮やか。噛むほどにニラの風味がほんのりと感じられ、素朴な味わいが楽しめる。

 マッコリやお茶のカクテルなどアルコールメニューも充実しており、その数は約120種類。春菜だけでなく、多くのよしもと芸人が足しげく通っているそうだ。

(住)東京都新宿区新宿4─1─9新宿ユースビルPAX 2F
[電話]03・5363・3488

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る