ラーメン大好き小池徹平お気に入り 濃厚スープが絶品の「とんこつめん 醤丸」

公開日:  更新日:

 ドラマや映画で活躍中の小池徹平(29)。さわやかなルックスは“草食系”を連想させるが、食の嗜好はもっぱら“肉食系”のようだ。

「とんこつめん 醤丸」は、そんな彼がひいきにしているラーメン店。祐天寺の門前に店を構えるカウンターのみの小さな店で、18時のオープンから深夜に至るまで、客足の途切れることがない人気店だ。

 最大の魅力は、店主がこの道37年をかけてたどりついたという、ガツンと濃厚な豚骨スープ。豚のゲンコツや背ガラを中心に、魚介、鶏ガラなど9種類以上の素材を使用。12時間かけて丁寧に炊き上げ、素材の持ち味をバランスよく引き出している。

「何よりも大切にしているのは、スープをいかにおいしい状態で味わっていただくか。強火で時間をかけて炊くといっても、やり過ぎれば臭みが出てしまいますから、ウチではあえてつぎ足しはせず、毎日、その日のスープを使い切ります。あくまでメーンは豚骨で、魚介はほんの隠し味。博多とも横浜とも違う、ウチならではの豚骨ラーメンを味わっていただきたいですね」(店主)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る