ラーメン大好き小池徹平お気に入り 濃厚スープが絶品の「とんこつめん 醤丸」

公開日:  更新日:

 ドラマや映画で活躍中の小池徹平(29)。さわやかなルックスは“草食系”を連想させるが、食の嗜好はもっぱら“肉食系”のようだ。

「とんこつめん 醤丸」は、そんな彼がひいきにしているラーメン店。祐天寺の門前に店を構えるカウンターのみの小さな店で、18時のオープンから深夜に至るまで、客足の途切れることがない人気店だ。

 最大の魅力は、店主がこの道37年をかけてたどりついたという、ガツンと濃厚な豚骨スープ。豚のゲンコツや背ガラを中心に、魚介、鶏ガラなど9種類以上の素材を使用。12時間かけて丁寧に炊き上げ、素材の持ち味をバランスよく引き出している。

「何よりも大切にしているのは、スープをいかにおいしい状態で味わっていただくか。強火で時間をかけて炊くといっても、やり過ぎれば臭みが出てしまいますから、ウチではあえてつぎ足しはせず、毎日、その日のスープを使い切ります。あくまでメーンは豚骨で、魚介はほんの隠し味。博多とも横浜とも違う、ウチならではの豚骨ラーメンを味わっていただきたいですね」(店主)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る