肉食、武井壮が獣のごとく食らいつく!「ステーキ那須」の極上和牛

公開日:  更新日:

“百獣の王”を目指して日夜トレーニングに励んでいる、アスリートタレントの武井壮(41)。肉が大好物で、太鼓判を押すのは下町のステーキ屋「ステーキ那須」だ。

 場所は京成電鉄青砥駅のすぐ近く。この地で20年以上地元客に親しまれてきた店で、下町出身の武井も学生のころから通い続けている、大常連である。

 最大の魅力は、徹底した本物志向。肉は松阪牛や神戸牛、近江牛といった銘柄牛だけを厳選。その極上肉を一頭丸ごと買い付けて店でさばき、余すところなく使い切るという。

「普通、ステーキといえば、サーロインかヒレですが、ウチはモモやバラもステーキとしてお出ししています。それこそ骨だってソースの材料にするから、捨てるところは一切なし! 最高のものをしっかり見極めて、その持ち味を最大限に生かす。そうすることで上質な肉のうまさをとことん味わっていただきたいと思っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  10. 10

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

もっと見る