肉食、武井壮が獣のごとく食らいつく!「ステーキ那須」の極上和牛

公開日: 更新日:

“百獣の王”を目指して日夜トレーニングに励んでいる、アスリートタレントの武井壮(41)。肉が大好物で、太鼓判を押すのは下町のステーキ屋「ステーキ那須」だ。

 場所は京成電鉄青砥駅のすぐ近く。この地で20年以上地元客に親しまれてきた店で、下町出身の武井も学生のころから通い続けている、大常連である。

 最大の魅力は、徹底した本物志向。肉は松阪牛や神戸牛、近江牛といった銘柄牛だけを厳選。その極上肉を一頭丸ごと買い付けて店でさばき、余すところなく使い切るという。

「普通、ステーキといえば、サーロインかヒレですが、ウチはモモやバラもステーキとしてお出ししています。それこそ骨だってソースの材料にするから、捨てるところは一切なし! 最高のものをしっかり見極めて、その持ち味を最大限に生かす。そうすることで上質な肉のうまさをとことん味わっていただきたいと思っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  3. 3

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  4. 4

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  5. 5

    2人は前世で親友だった?1枚の食事の写真に全米がホッコリ

  6. 6

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  7. 7

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  8. 8

    大阪府100万人あたりのコロナ死者数「インド超え」の衝撃

  9. 9

    五輪優先に選手特権…コロナ敗戦は例を見ない深刻なものに

  10. 10

    在印邦人1万人を政府見殺し 臨時便の空席は帰国困難の証し

もっと見る