• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

肉食、武井壮が獣のごとく食らいつく!「ステーキ那須」の極上和牛

“百獣の王”を目指して日夜トレーニングに励んでいる、アスリートタレントの武井壮(41)。肉が大好物で、太鼓判を押すのは下町のステーキ屋「ステーキ那須」だ。

 場所は京成電鉄青砥駅のすぐ近く。この地で20年以上地元客に親しまれてきた店で、下町出身の武井も学生のころから通い続けている、大常連である。

 最大の魅力は、徹底した本物志向。肉は松阪牛や神戸牛、近江牛といった銘柄牛だけを厳選。その極上肉を一頭丸ごと買い付けて店でさばき、余すところなく使い切るという。

「普通、ステーキといえば、サーロインかヒレですが、ウチはモモやバラもステーキとしてお出ししています。それこそ骨だってソースの材料にするから、捨てるところは一切なし! 最高のものをしっかり見極めて、その持ち味を最大限に生かす。そうすることで上質な肉のうまさをとことん味わっていただきたいと思っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る