日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

南海トラフ地震秒読みか 関西一帯で続く“異変”に専門家警告

 南海トラフの巨大地震が迫っているのか――。

 今月6日、徳島県南部を震源とする地震が発生。同県牟岐町で震度5強(M5.1)の揺れを観測したのは記憶に新しい。気象庁は、南海トラフとの関係について「よく分からない」と話していたが、先月末から現在にかけて、徳島をはじめ関西一帯で地震が頻発しているのだ。

 1月27日「日向灘」(M3.2)、「和歌山北部」「京都府南部」(各M2.4)。同30日「兵庫県南西部」(M2.9)、「日向灘」(M3.0、M4.4)。今月3日「愛媛県南予」(M3.9)、同14日「兵庫県南西部」(M3.9)、「徳島県北部」(M4.0)など、めったに地震が起きない地域で揺れている。これは不気味だ。

「過去の地震を分析すると、プレート型の巨大地震の前には、大きい内陸直下型地震が起きています。3・11の時もそうでした。今の関西地方は、当時の状況に近い環境になっています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事