震度5弱も知らせてくれず…頼りにならない「緊急地震速報」

公開日:  更新日:

「緊急地震速報」は頼りにならない――。改めて実感した都民も多いのではないか。

 16日の茨城県南部を震源とする最大震度5弱の地震。都内でも震度4を観測するエリアもあったが、テレビで緊急地震速報が鳴ったのは揺れを感じ始めてからだし、そもそも携帯電話は鳴らなかった。気象庁のHPには、緊急地震速報について「地震による強い揺れが始まる前に素早くお知らせ」なんて書いてあるが、そうなっていない。

「最初に弱い揺れを地震計が感知し、分析を始めるのに数秒、情報を送り出すのに数秒かかる。今回のように震源が近い場合、情報を送り出す前に第2波の強い揺れが来ることもあります。また、携帯電話の緊急地震速報は、震度4以上から鳴るようになっていますが、気象庁の地震計では、震度にプラスマイナスで1近くのズレが生じることもある。震度4でも3と分析し、鳴らない場合もあるのです」(気象庁地震予知情報課)

 揺れが強ければ強いほど最初の分析に時間がかかり、速報を出すのに数十秒かかる場合もあるという。あまりアテにはできない!?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る