【吉岡屋本店】奈良漬、べったら、季節もの…どれにする?

公開日: 更新日:

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の情報を紹介する「築地新聞」。今回は波除神社近くに店を構える漬物製造問屋です。

 場外市場にある「吉岡屋本店」さん。軒先には発泡スチロールの箱に入った色とりどり、多種多様な漬物が並び、目移りしてしまいます。協力工場でつくられた自社製品、全国各地を食べ歩きして見つけた品々――スーパーではお目にかかれない圧巻のラインアップです。

 常連の飲食店関係者が入れ代わり立ち代わり購入する中、品定めに悩む本紙記者。そう、かなり面倒くさそうな客だったわけですが、煙たがられることは一切なし。100グラムという少量単位で購入できるか尋ねると「もちろん大丈夫ですよ!」。気持ちよく接客いただいた次第です。

 1910年創業。当時、魚河岸のあった旧日本橋区小田原町にて産声を上げました。初代・吉川達次郎さんの生家が「吉岡屋総本店」だったことにちなみ、屋号を名づけたそう。もともとは食料品全般を扱う店だったそうですが、達次郎さんの食へのこだわりは人一倍。当時、関東では珍しい「奈良漬」を口にしたことで“専業”に舵を切ることになったとか。4代目社長の吉川知久さん(68)にお話を伺いました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

  10. 10

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

もっと見る