キャッシュバックや料金ダウン…得するスマホ「買い替え」術

公開日:  更新日:

 ちまたでは「スマホ買い替えキャンペーン」が盛んだ。モバイル業界に精通するジャーナリストの佐野正弘氏も「3、4月は買い替えにはベストでしょう。新学期シーズンは、学生・新社会人の新規獲得を狙ってキャッシュバックが高額になりやすく、基本料を下げるキャンペーン施策も充実しているからです」と言う。少しでも得する買い替え術を探った。

■24~25カ月目以外は手数料が発生

 キャリアーを変えずに機種だけを変えるよりも、他社からの乗り換え(MNP=番号持ち運び制度)の方がサービスは手厚い。ただし、契約更新月(24~25カ月目)じゃないと、1万円近い契約解除料がかかることも。自分の携帯が今何カ月目にあたるのか各キャリアーの窓口で聞くか、まずはHPで調べることだ。

「本体を無料にしたり通話料をサービスしても、2年で採算が取れるように各社設定しているのです」(佐野氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る