キャッシュバックや料金ダウン…得するスマホ「買い替え」術

公開日: 更新日:

 ちまたでは「スマホ買い替えキャンペーン」が盛んだ。モバイル業界に精通するジャーナリストの佐野正弘氏も「3、4月は買い替えにはベストでしょう。新学期シーズンは、学生・新社会人の新規獲得を狙ってキャッシュバックが高額になりやすく、基本料を下げるキャンペーン施策も充実しているからです」と言う。少しでも得する買い替え術を探った。

■24~25カ月目以外は手数料が発生

 キャリアーを変えずに機種だけを変えるよりも、他社からの乗り換え(MNP=番号持ち運び制度)の方がサービスは手厚い。ただし、契約更新月(24~25カ月目)じゃないと、1万円近い契約解除料がかかることも。自分の携帯が今何カ月目にあたるのか各キャリアーの窓口で聞くか、まずはHPで調べることだ。

「本体を無料にしたり通話料をサービスしても、2年で採算が取れるように各社設定しているのです」(佐野氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  4. 4

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  5. 5

    白鵬の五輪無断観戦は完全アウト! 焦点は協会が下す「処分の内容」だ

  6. 6

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  7. 7

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  8. 8

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  9. 9

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  10. 10

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

もっと見る