あなたにもある「逮捕権」 2つの問題点とは?

公開日:  更新日:

 先月27日付の日刊ゲンダイ本紙に、「ぼったくり従業員 通りかかった弁護士が現行犯逮捕」という見出しの記事が載った。さすが法律の専門家、逮捕権も持っているのかと、弁護士の篠原一廣氏に聞いてみたら……。

「何を言っているんですか。逮捕権ならアナタも持ってますよ」と言う。ハテ? 記者は「本官」ではないが?

 言われるままに調べてみると、刑事訴訟法の213条に「現行犯人は、何人でも、逮捕状なくしてこれを逮捕することができる」とあった。警察職員に限らず、誰でも犯罪者を逮捕することができるのだ。

 これは「常人逮捕」(または私人逮捕)と呼ばれるもので、「現行犯であること」「犯人が身元不明で逃亡する恐れがあること」が条件。逮捕後は速やかに警察などに身柄を引き渡さなければならない。

 よくある例が電車内の痴漢だ。今年1月にもJR九州の列車内で、女子高生に痴漢した無職男を電車に乗り合わせた民間人男性が常人逮捕した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る