あなたにもある「逮捕権」 2つの問題点とは?

公開日: 更新日:

 先月27日付の日刊ゲンダイ本紙に、「ぼったくり従業員 通りかかった弁護士が現行犯逮捕」という見出しの記事が載った。さすが法律の専門家、逮捕権も持っているのかと、弁護士の篠原一廣氏に聞いてみたら……。

「何を言っているんですか。逮捕権ならアナタも持ってますよ」と言う。ハテ? 記者は「本官」ではないが?

 言われるままに調べてみると、刑事訴訟法の213条に「現行犯人は、何人でも、逮捕状なくしてこれを逮捕することができる」とあった。警察職員に限らず、誰でも犯罪者を逮捕することができるのだ。

 これは「常人逮捕」(または私人逮捕)と呼ばれるもので、「現行犯であること」「犯人が身元不明で逃亡する恐れがあること」が条件。逮捕後は速やかに警察などに身柄を引き渡さなければならない。

 よくある例が電車内の痴漢だ。今年1月にもJR九州の列車内で、女子高生に痴漢した無職男を電車に乗り合わせた民間人男性が常人逮捕した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る