デビュー当時から石橋貴明が通い続ける「餃子荘ムロ」

公開日:  更新日:

 アクの強い豪快なキャラでお馴染み、とんねるずの石橋貴明(53)。長年、テレビ界の第一線で活躍してきた石橋がデビュー当時から通っているのが、1954年創業の老舗「餃子荘ムロ」。
 場所はJR高田馬場駅の戸山口改札を出てすぐ。家族で営む小さな店で、創業以来60年、皮もすべて手作りという独自のスタイルを守り続けてきた。

 最大の魅力は“作りたて”へのこだわり。餃子はどこも作り置きをするのが普通だが、「ウチはオーダーを受けて初めて皮を延ばし、具を包んで焼き上げています」とスタッフ。

 たとえ非効率でも、作りたてに勝るものはないというのが店の信条。料理人の丁寧な手仕事こそ、常連を引きつけてやまないこの店の魅力というわけだ。

 自慢の餃子はやや小ぶりで、豚肉と白菜をベースに、五香粉という香辛料で香りづけをしているのが特徴。基本の味である「ふつう」(7個、650円)のほか、「カレー」「にんにく」「紅(唐辛子入り)」「チーズ」の全5種類が定番メニューだが、石橋をはじめ、芸能関係者が決まってオーダーするのが知る人ぞ知る隠れメニュー「玉紅」(7個、700円)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る