デビュー当時から石橋貴明が通い続ける「餃子荘ムロ」

公開日: 更新日:

 アクの強い豪快なキャラでお馴染み、とんねるず石橋貴明(53)。長年、テレビ界の第一線で活躍してきた石橋がデビュー当時から通っているのが、1954年創業の老舗「餃子荘ムロ」。
 場所はJR高田馬場駅の戸山口改札を出てすぐ。家族で営む小さな店で、創業以来60年、皮もすべて手作りという独自のスタイルを守り続けてきた。

 最大の魅力は“作りたて”へのこだわり。餃子はどこも作り置きをするのが普通だが、「ウチはオーダーを受けて初めて皮を延ばし、具を包んで焼き上げています」とスタッフ。

 たとえ非効率でも、作りたてに勝るものはないというのが店の信条。料理人の丁寧な手仕事こそ、常連を引きつけてやまないこの店の魅力というわけだ。

 自慢の餃子はやや小ぶりで、豚肉と白菜をベースに、五香粉という香辛料で香りづけをしているのが特徴。基本の味である「ふつう」(7個、650円)のほか、「カレー」「にんにく」「紅(唐辛子入り)」「チーズ」の全5種類が定番メニューだが、石橋をはじめ、芸能関係者が決まってオーダーするのが知る人ぞ知る隠れメニュー「玉紅」(7個、700円)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  7. 7

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  8. 8

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る