駅から徒歩30分 たった8坪のパン屋が「年商4億円」のなぜ?

公開日:  更新日:

 売り場はわずか8坪。ところが年商は3億5000万円超、「今期は4億円に届く勢い」という驚きのパン屋がある。先日は、優良経営の小売店に贈られる「農林水産大臣賞」にも選ばれた。ほかのパン屋と何が違うのか?

 ウワサの店は、JR常磐線北小金駅から徒歩30分の「Zopf」だ。店主の伊原靖友さんは2代目。両親がこの地で「ベーカリーマルミヤ」という名で営んでいた。

「当時は家族経営の普通のパン屋。私は3年間、別の店で修業し、両親と一緒に働くようになりました。そこそこ売れていましたが、『作っても作ってもパンが売れてなくなっちゃう!』という経験を一度はしたいね、と家族で話していたんです」

 伊原さんが後を継いだ2000年、「Backstube(パン焼き工房) Zopf」としてリニューアルオープンした。Zopfはヨーロッパで日曜などに食べるパンのことだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る