家庭に不満はないのに…望まずとも溺れる「人妻恋愛」の心理

公開日: 更新日:

 不倫するつもりはなかった――。「妻たちが焦がれた情欲セックス」などの著書があり、年間100人以上の女性を取材している官能作家・加藤文果氏は、人妻たちから幾度となくこういう言葉を聞いている。

「きっかけは本当にささいなこと。まさか自分が、夫以外の男性とのセックスに溺れるとは思わなかったと、彼女たちは言います」

 30代のA子さんの“相手”は、同じ団地の1階上に住む男性。お互いの子供が同級生で、家族ぐるみの付き合いだった。学校行事、町内の子供会の活動、団地のイベントと、顔を合わせる機会は多い。そのうち、A子さんは「すてきな男性だな」という思いを抱くようになった。

 だれでも持つことがある“単なる好意”だったが、感情は伝わる。あるイベントの2次会でたまたま2人っきりになり、お酒を飲んでいたこともあり、“そういう関係”になった。今でもそれは続いているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  5. 5

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  6. 6

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  7. 7

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  8. 8

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  9. 9

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  10. 10

    阪神・大山の実質本塁打数を「机上の計算」してみると…

もっと見る