いまや日本は「整形大国」 介護時を意識して“女性器”にメスも

公開日:  更新日:

 国別の手術件数(2011年)は世界4位、人口1000人当たりの手術件数は同7位――。一昨年に英誌「エコノミスト」が報じた国際美容外科学会の美容整形市場の報告書で、日本が世界有数の整形大国だったことが判明し、これを持ち出すまでもなく一般女性の間で整形手術、いわゆる美容医療は予想以上に広がっている。最前線を探った。

「美容医療は、整形手術に加えてメスを使わないスキンケアや脱毛なども含まれます。97年の男女雇用機会均等法改正以降、男性社会で働く女性にとって『美しさ=得』を感じる機会も増え、美意識が高まりました。ここ10~15年、美容医療は女性誌などで取り上げられるようになり、美魔女や読者モデルの登場などもあって、より身近になりました。40代、50代は美容医療に抵抗の少ない最初の世代だと思います。娘に頼まれて整形のお金を出した親御さんもいると聞いています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  6. 6

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る